救済

現実世界の常識という概念が脳裏に張り付かぬよう

人生はクリエイティブだから始まりも終わりも途中過程も素敵だよ

誰の片隅にも届かない没個性の無才能、日本人は他者と比較して幸せを測る特性が極めて大きいらしい。優劣で幸せになれるのなら私を見ればいい。君は幸せになってくれ、私は優劣で幸せになれない、いやでもどうだろう理想みたいなものがいつもあってそれに届かない。クラスの3分の1ぐらい(適当)の人間が「少しやれば人並みには出来る」みたいな事を言っていた気がするし、実際に運動やリコーダーが苦手な私から見ても同じ練習量なのに出来ていた。私はいつも大多数の人間の何倍も努力しないと普通に追いつけない。ところで普通とか当たり前とかってなんだよ心理学では異常か異常じゃないかで判断するんだけど、自称「変わり者なんですぅ」みたいな人が多くて、いやお前私から見たらその辺の道端ですれ違ってる大多数の人間の思考と同じだからって思う。そして私もそうだ。凡人すぎる。何か才能がほしかった卑屈だから面接でも自分をあえて低い位置に引き下げてへりくだってる様な発言をポロッとしてしまう。謙虚と言えば謙虚かもしれないけど、そんな自分に自信がない奴、そして精神疾患がありそうな奴は企業にとって採用するメリットは無い。多様性や個性や一人ひとりを大切にとかそんなクソッタレで嘘っぱちな口説き文句はもう聞き飽きた

インターネット元気だして

 間違え方にも正しいと間違いがあるみたいだ。君が生きてきた人生を端から端まで、街の匂いや掃除当番表、靴を左右反対に履いた時、反抗期に言ったしねの回数とかそういうの全て残さず見せてよ、知りたくないことを知りたくなってしまうのは私の悪い癖ですね。他人を咎められるほど綺麗な生き方を見せてくれ、次は君の理想になれる様、理想通りに生きるよ。個性なんていらないでしょ。人間にもデバッカーが必要だったみたいだね。何度も何度も何度も繰り返す勘ぐりは、暇だから暇だから暇だからどうしようもなく暇で脳みそを使うことが他に無いからだ。嫌なことがあって頭を他の事に集中させたい時はスマホで文章を読み漁ることをよくやっている。  最近というか、この世界は不本意にやらばければならないことが多すぎる、街を歩く人の大半は不本意な事のために行動しているのではないかと自分と重ねてしまっている。それでも自分が意図していないことのために行動しているなんて忙しいから考える余裕も暇も無いことも私はなんとなく分かってしまっている。今にも折れそうな精神を繋ぎ止めてくれるのは電波で繋がってるインターネット          

おgswk0げj

 今日はとても嫌なことがあった日でした。他人の特定にならぬようあまり詳細は触れません。この記事は完全に自分語りですがそこもご愛嬌。  私のやってきたこと、私の本名が掲載されたり、私が本名晒すことになりリスクが生じるかもしれないとリスクマネジメントはしていたけれども、やりたい事で、夢だったりもしたんです。それで、リスク回避の為に作戦を練って挑戦してみるって事にしたのですが、こんなにも早く思考が落ちる日が来ると思ってもいませんでした。そのために、どうするべきかよく考えます。"想像で落ちるな。普通の生活を営む事"がベストだと思いました。なんのことかわからないと思います。あえて解らない様に書いています。私は私で生きたい、いつも最悪のケースを想像して落ちる不安要素をどうにかしたい。もっと書きたい詳しく分かりやすく時間系列で書きたいけど、Blogだけではなく、リアルやネットでも誰にも言わないのです。今はただ、根拠のない「大丈夫」という言葉が欲しいです。"私は強いの呪い"を自分でかける。そうすればちょっぴり逞しくなった気がする。

私は絶対負けたくない

怖いものなんてこっちからぶっ壊してやる。

 

 

どうかお嬢さん、僕の寂しさを盗んで美しい文章を綴ってください。

 目覚めの悪い昼夜逆転生活の中で、今の私は書類の提出で市役所が開く時間を待っている。午前8時半、それは誰かが退屈で窮屈で始まる前から終わりにしたい一日の始まりなのだ。そんな"午前8時を待ちわびている”という言葉は不謹慎なのかもしれない、よく目にするツイートの不謹慎だろっていう他人へのリプライ、あの様なものを見るとモヤモヤした気持ちになるのはきっとこういう理由で、君も不謹慎を叩く権利がないと思ってしまう。しかし権利というのはいつしも本人も備わっていないといけないのか?思考したら止まらない。無駄。絶賛就活中の私はエントリーシートで自分自身のキャッチコピーを考えている、おそらくアドリブで答えを求められたらこの様なその場のちょっとしたインスピレーションは私にとっては美味しい質問だ。なのに、エントリーシートとなるとそうはいかない。自由度が高い質問だからこそ物凄く深く考えてしまう。終いには「これ以上考えるな。いのちが危ない。」と書いてしまいそうになる。この質問で重大視されるのはどうしてその様な言葉を選んだのかだから、あまりタイトルは深く考えなくても良さげで「ほーん」と思わせられる意味付けの方が大事なのだ。分かってる…分かってる……分かってても出来ない事ことが多すぎるから睡眠というものが人間には思考と同時に備わっているんだろう、これは人工が圧迫し自分たちでは対処しきれないことを見据えた"神様"からのご褒美なのかもしれない。神様とサンタクロースはどっちが凄くて偉いんだろう。漢字と歴史の深さから圧倒的神様だろうが、縋り付いて欲しているものを与えてくれるという意味合いでは、私にとっては酷似している。なので、どなたでもお手すきの際で構いません。私にも、もう少し賢くなる思考を備え付けてください。

君の言い訳は最高の芸術だ

良い感じの時間帯には寝たものの3時半くらいに腹痛で目が冷めた。今日は、とても気になってるの企業と"面談"という名の"一次面接"でこの調子で行くとパフォーマンス発揮が出来るかとても不安である。  昨日は某大手企業の合同説明会的なものに参加した。合同説明会へ行くのはこれで2回目だ。この時点で「6月にそれは少ないでしょ」と思われる方も多いはずです。ご安心ください。6月のスケジュールが鬼のように詰まっています。話を戻します。席は前の方から順番に詰めていって、みんな同じ髪型・服装で誰かのお葬式みたいだった。"学生"というネームヴァリューの追悼式の様な光景だなあなんて思ってるうちに会社説明+試験が始まった。マークシートだと通常は解らない問題は当てずっぽうで記入しといた方が点数稼ぎになって良いとされてるが、「書き込んだところを間違えると減点なのでわからない問題は飛ばしたほうがいいです」って言われて安易にマークシートを塗りつぶせなかった。この試験を問いてる間にも「イヤイヤ、減点法って言ってもそんな手間がかかることしないっしょ脅しでしょ~ん~希望に胸を寄せて全部空欄埋めよっかな☆」みたいなことさえ思ってる間に試験時間が終わった。眠かった。とりあえず眠かった。盛らずに少なくとも20回はあくびをしたね。大体、社員数が多ければ多い程、貴社だけに貢献したいなんて心のそこから思ってる人間がどれだけいるのかと。常々思う、そんな捻くれた感情は誰しもあると思うけど私には就活というものに対してその嫌悪感の様ものが強い。というのも、一番馴染みが深くて魅力的に思ってた企業に個人面談60分の2次選考で落とされた私は特にやりたい仕事も無いっちゃ無いし、特別頭が良いわけでもないのでこれからの就職活動では「質より量」が大事なのである。しかし、一社に対して内定までの選考フローが兎に角長い。短いところで「履歴書+テスト+面接三回」で通常だと「説明会+履歴書・ES+テスト+面接三回以上~」だ。スポーツかよ。(^o^)長年部活動なんてやってきて来なかったしちょっとゲーム感覚で楽しいかm.....qあwせdrftgyふじこlp とは qあwせdrftgyふじこlp  んなわけあるかよ!!!YouTubeの広告15秒でさえ人生の時間を異常に他人に奪われた気持ちになる。こんなにも長いフローで途中で落とされるとYou Tubeとも似た感覚に陥る。深く捉えずに目の前の事をこなして行く要領の良い人間でありたかった。と、心底思う梅雨前の午前4時

「勝ち負けの問題じゃない」と諭されぬ問題じゃないなら勝たせてほしい

青年期の発達課題であるアイデンティティの形成が大学4年間というモラトリアム期間に出来なかったので未だに他人の言葉に左右され、それどころか顔も名前も知らないインターネット上の人物が発する言葉に一憂する日々を送っています。15歳の私にこんな事を伝えたら、講釈垂らされてしまうに決まっています。10代の頃の自分の方が比較的今よりも頭が良かったと思うこの頃です。過信かもしれませんがね。そう思わざるを得ない理由が多々あります、その1つを挙げるのならば、少しでも過去を美化していないと自分がもっと崩れてしまう気がしてしまうのです。私は今現在21歳です。どうやら今年で22歳になるらしいです。いつから"将来の夢"という項目は"進路"に名前が変わったんだっけ。今じゃ「ん~~~おっきくなったら子供になりたい!」って答えちゃう様な人間なので大人向いてないです。いつだって時間は平等、そんなのは当たり前でその平等な時間の中で不平等がありふれていて私が辿ってきた今までの人生の道のりでも今の私ほど悲観的にならず鬱にもならずこだわりも無くはてなブログの記事にも無頓着でいられる人間なんて何千といると思います。うまくやっていける人間だって多いはずです。もちろん、今病んでるあなた方が歩んできた道や家庭環境・学校選択で私は今より良い方向に行っていた場合もあると思います。しかしそんなのは「if」であり「if」は現実ではなく妄想です。「いいな」と思っても「羨ましい」なんて悩んでる人に向かっては言わない様、心がけています。辛いという感情は事実なのだから。そして人生のポジション交代なんて効かないのだから。そうだ、話は飛躍しますが、椎名林檎の丸の内サディスティックの途中で「 終電で帰るってば 」って歌詞があるじゃないですか。その後に続く言葉が聞き取れなかったんですがあの次、池袋って言っていたんですね。

戯言

「善」と「悪」を一概に決めるべきではないという思想をずっと昔から持っていて それは大人になった今でも思うことなんですよ。 「人を殺すのは悪」「遅刻は悪」、程度の大きさは違うけれども その価値観って全部子供の頃から大人たち(テレビ・マスコミ・先生・家族) からインプットされた歪みにすぎないと思うんですよ。 国や文化や育った環境が違うのであれば 正義も悪も違うじゃないですか。なので否定的に捉えてそれを断言しちゃうのはどうなのかなと私は思うのですよ。 むしろ、「悪」なんて当人の立場だけで考えると、悪いことをしてやろうと思ってやっているケースっていうのは少ないんじゃないのかなあと思うんですよ。 戦争だって人を殺しまくるけれども国のため、ある意味正義だと思ってるわけじゃないですか 自分の考えが正義と思って疑わないのが「悪」と言われているケースって多いと思うんですよね。という当たり前のような事だけどみんな思考停止してる気がするっていう 話をずらずらとしたかったのですが とても眠いので寝ます。

 

眠い繋がりとして最後に例を挙げます。 日本の精神科で普通に処方される睡眠薬が違法な国が多くあります。 そしてマリファナが合法な国もあります。日本ではアメリカ様が決めた憲法があるので法律で禁止されています、 善と悪は法律ではなく道徳です。 道徳として、みなさんはどうしてマリファナを否定できるのでしょうか。 マスコミや偉い人の話に影響されて「なるほどー!」って手を打ってる方が、楽ですもの。考えるのってめんどくさいですもんね。みんな忙しいですし。 忙しければ忙しい程人は物事を正確に捉えようとしなくなりがちです ということで、暇な大学生は是非この時期に偏りを無くしてみてはいかがでしょうか

おやすみなさい

/p>